XOOPS

CMSを一生懸命説明していた10年前を思い出してみる・・・

こないだ営業資料を整理していたら、自分で作ったXOOPS資料が出てきました。
Wordで自作・・・うわー何年前のだろ(^^;?10年前くらい?

当時XOOPSを初めて触って「なんて便利なんだ!こんなに簡単に更新できるなんて!」と衝撃を受けて、商談のたびにXOOPSの良さをPRしてました。

当時はHTML構成のWEBサイトが主流。
新規ページの作成はもちろんテキスト修正でさえ、WEB制作会社にいちいち依頼する時代でした。

そんななか「みなさんで更新できます!」とお客にアピってもそもそもそんな習慣ないから「は?更新?」みたいな感じで、まあとにかく説明が大変だったのよ(笑)
言葉だけじゃ全然メリットを説明できなくて「あとでこれ読んで!」と自作資料を渡していたなぁ。

この資料のおかげで後日電話かけたら「こんな便利になるんならお願いするわ」と受注につながっていました。
私にとってはなつかしくもあり、売上に貢献してくれたありがたい資料です。

現在のCMS事情

あれから10年。

今やお客さんのほうもCMSの存在をちゃんと知ってみえて、私がひと言もCMSの話をしていないのに、更新できる前提で商談がすすんでいることがよくあります。

時代は変わったなぁ・・・。
そっと遠い目で一生懸命説明していた10年前の自分に思いをはせるワタシ・・・( ̄ー ̄)

もう説明の必要がなくなったので今や自作資料はいらなくなりました。

これからの10年

これからの10年はどうなるんだろう。

AIがページ作ってくれるとか!

baserCMSの場合、べっしーに

baserCMSのオフィシャルマスコットキャラクター「べっしー」
↑baserCMSのオフィシャルマスコットキャラクター「べっしー」ね

「ヘイ!べっしー。こないだのイベントの記事アップしておいて。画像はどこどこのフォルダに入ってるから」

って音声マイクに話したら、自動で画像選んでページ更新・・・とか。

おぉありえるかもね。近未来だなぁ、楽しみ楽しみ。

あ・・・

もしそうなったら

あたいの仕事なくなっちゃうじゃない!・・・( ;∀;)ヤベ-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>