トータルデザイニング

「指導料をとってください!」

顧客のYさん。新規のWEBサイト立ち上げも含めて、1年前からずっと相談にのっていろいろお話をしてきました。

今後の方向性だったり、どうやったら集客できるか、とか、強みを具体化する作業とか。

普通のアプローチじゃなかなかむずかしい案件だったんで、私もいろいろ頭をひねっていろんな資料見たり、ググって勉強したりと、ふたりでまとめてきました。

でも残念ながら年度予算がとれなくって、新規サイトはおあずけ・・・。

組織の予算には優先順位ってものがあるから、まあこういうこともあります。

がっかりばかりもしてられないので、じゃあ次の手を考えるかと。

指導料とってください!

数週間後Yさんから「あれだけ相談にのってもらったのに予算がとれなくてすみません・・・」という電話をもらいました。ホントに申し訳なさそうに。

「いやいやしょうがないですよ、また次考えましょう」と私。Yさん全然悪くないし^^

そのあとYさん「ちょっと手元に使える予算があるんで、指導料って名目でぜひ受け取ってください!

お気遣いありがたいです

そ、そこまで私のことを気にかけてくれてるなんて・・・(涙)
いやほんとありがたいっす。

この言葉でね、予算とれなかったがっかり感、どっかいっちゃっいましたよ(T_T)
これまでがんばってきてよかったよ!

ここまで気をつかってくれる人いないです、ホントうれしい。

そのお金を有効に使おう!

ここで「すいませんねぇ、ほいじゃ指導料ってことで請求書あげときますんで」と受け取ったら、井元、ただのゲスの極みです( ̄▽ ̄)いやしい(笑)

その予算内でせっかくならできることをやりましょう。ということで懸念事項だったパンフレットを作成することにしました。近々お打ち合わせでございます。

私のスタンス

一緒に考えていきたい」というスタンスで井元はやっていきたい。

依頼されたことだけをやるんでなくて、顧客の利益に向かってどうすればいいかを一緒に考えていきたいです。

今回のことで言えば「指導料」としていただいとけば、何にもせずに売上たっちゃって超楽なんだけど(笑)それじゃ「顧客の役に立つ」っていないからね、私のスタンスではないです、はい^^

なによりYさんからこんなあたたかいお気遣いいただいたらがんばっちゃうでしょう~!ありがとうございました(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>