タナカメガネコンタクトレンズセンターさん(キャラクター)

制作事例

タナカメガネコンタクトレンズセンターさん(キャラクター)

「子どもメガネ」を展開する上でのイメージ戦略でショップキャラクターを提案。

かわいい、癒し系のキャラクターの採用で子どもメガネ専門店を印象づけ、新屋号「浅口こどもメガネセンター」の周知に活用しています。

名刺、封筒、のぼりやカッティングシートなど、そのかわいさから幅広く使用してもらっています。それを見た親が「あ、あれこどもメガネセンターさんのね」と言ってもらえるインパクト(ゆるさ、見ると癒される)です。

グッズ展開しやすいもの、雑貨屋で売れるようなイメージを想定して制作しました。子どもがランドセルに付けたり文房具にしたときに「かわいい!」と使ってくれるようなイメージ。

ターゲット

地域住民の子ども(5才前~中学3年生14才~高校生)とその保護者(主にお母さん)、祖父母

ページのトップへ戻る