XOOPS

常時SSL化手順。XOOPSの場合はここだよ

WEBサイトの常時SSL化。

Wordpressの場合は、いろんなサイトの記事でその手順が紹介されていたんだけど、XOOPSはあんまり記事が見つからなかったので書いてみます。

1、mainfile.phpの「XOOPS_URL」の変更

「(ルートディレクトリ)/mainfile.php」の「XOOPS_URL」を以下のように変更します。

define(‘XOOPS_URL’, ‘http://hoge.com’);

define(‘XOOPS_URL’, ‘https://hoge.com’);

httpに「s」を付けます。

2、記事内URLを変更

コンテンツ記事内のURLを「https」に変更します。

このときXOOPSの定数「<{$xoops_url}>」で記述していたら、作業の必要はないですよ。
1で変更した値が適用されるのでノー作業!

もし直URLの場合は・・・

とっても面倒なんだけど手作業です(--〆)

Wordpressみたいに「Search Regex」プラグインがあれば一発なんだけどね。
残念ながらXOOPSにはこのようなモジュールがないのですよ。

3、URL確認

サイトにアクセスして表示確認。ブラウザのURLがちゃんと「https://hoge.com」になっていたらOK、完了です!

おまけ:Wordpressここでつまづいた!

XOOPSじゃなくてWordpressなんだけど、ここでつまづきました。

あれ?jQueryが動かない・・・

テーマによっちゃあ、header.phpにjQueryの記述をしていると思います。
その場合はGoogleのCDNから呼び出す箇所を変更しよう。

<script src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js”></script>

<script src=”//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js”></script>

「http:」をとったげて。
超初歩的なんですが意外と見落とすところかも(^^;

もしくは「http」→「https」にするのでもオケ。
<script src=”https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js”></script>

ちなみにXOOPSは、管理画面の[互換レンダーシステム]-[一般設定]で指定されているので特にこの作業は必要ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>