XPressME

XPressME→WordPressME→WordPress備忘録 その1

このブログ、以前までXOOPSモジュールで動かしていましたが、先日ブログ機能だけ取り出してWordpressに移行しました。

今回は備忘録も兼ねて専門的な話題です。WEB制作する人以外には面白くも役にも立ちませんのであしからず^^;

弊工房のサイトはXOOPS2から運営していて、ブログは当時インストールしたnobunobuさんのWordPressMEモジュールでした。のぶのぶXOOPS

その後サイト本体はXOOPS Cubeにアップデートしていき、ブログは藤右衛門さんのXPressMEモジュールに移行していきます。XPressME Integration Kit
元々XOOPS2からの運営で文字コードはEUC-JPだった為、WordPressME2.0.11(EUC-JP)をベースにしたXPressMEモジュールです。

そして今回ブログ機能のみWordpressへ移行にトライ!

主なながれ

こんな感じで2段階に分けて。

XOOPSのXPressMEモジュール

WordPressME2.0.x

現行のWordPress

なぜ2段階かというと文字コードの問題があるから。
前述のように文字コードはEUC-JP。現行WordpressはUTF-8なのでいきなり移行すると間違いなくハマります。
なので、上記のようにまずはWordPressME2.0.xに移行する事に。

WordPressMEだけ抜き出す

XPressMEモジュールは作成方法を見ると分かるように、XPressME Integration KitをダウンロードしてそのファイルとWordPressMEのファイルとを合体させて作成します。

そこで逆の手順でWordPressMEファイルだけを抜き出して別サーバーに立て、そこへデータベースをインポートする事にしました。
インポートするデータベースは、弊サイトの場合「(接頭辞)_wp_xxxxxx」となっている各テーブルです。サーバー移転だから以下も忘れずに。

  • wp-config.phpの変更
  • データベースのテーブル「(接頭辞)_options」-「siteurl」の変更

恐る恐る表示・・・うまくいきました。ホッ。

次はいよいよこの手順。
WordPressME2.0.x

現行のWordPress

の前に文字コード変換。長いので次回記事で。

お礼

XOOPSモジュール作者のnobunobuさん、藤右衛門さん。素晴らしいモジュールを作って頂き本当にありがとうございました!いじり倒してとても楽しく使わせて頂きました!

最後にこの場を借りてお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>