ワレ、なにパクリよんなら

【イラストパクリ事件 その18】日本語が通じない・・・

これまでの関連記事はこちらにまとめています → 【イラストパクリ事件 まとめ】事件の経緯

我々原告がS氏に9月中旬に送った準備書面に対する答弁書、前回の記事つづきです。誠意のないトンチンカンな内容で、新たな主張をしてきました・・・。

イラストは加工されており原告のものと違うように思える

S氏、ものすごい主張してきました・・・!

S氏「(S氏がステッカーにした)イラストは加工されており、原告のものとはは違うように思える」

鈴木誠也・野間峻祥
弊工房イラストレーターのイラスト。左の鈴木誠也のが本事件の当該イラストです。
フリル上でパクられて掲載されたステッカー
S氏がイラストを無断使用してフリルで販売していたステッカー

これ見て、違うように思える、って・・・みなさんどう思います?やっぱりこの人普通じゃないな・・・。今さら何を言っとんのよ。
「加工されて」いたら著作権が認められない?なわけない!
しかもなぜ「このイラストは加工されている」と分かるんだ?S氏よ第三者から「もらった」はずでは?もらったものが「加工されている」かなんてその場で分かるわけないよな?つじつまが合いません。

過度な要求はやめていただきたい

S氏、えらい自己中心的な主張をしてきました・・・!

我々原告側からの
「被告の主張は、自身の落ち度を棚に上げ、原告を非難するかの如くものであり、深い憤りを覚える。被告は、自らの落ち度を素直に認め、反省し、しかるべく賠償に速やかに応じるべきである。」
に対して

S氏「落ち度は認めている。過度な要求はやめていただきたい」

最初からイラストの無断使用を認めて反省して謝罪した上で「過度な要求はやめていただきたい」ならわかります。S氏はこんだけ知らぬ存ぜぬを通して口頭弁論もぶっちして見当違いのカープの商標権も持ち出して、いろいろやってきといて「落ち度は認めている。過度な要求はやめていただきたい」とは到底受け入れられない!まったく反省していません。

しかも、S氏のいう「落ち度」とは「第三者から提供されたとするイラストを著作権の帰属確認を怠って使用したこと」を指しています。イラストの無断使用に対してではありません。

S氏は一度も謝罪をしていません。謝罪さえせず自分でいう「落ち度」を認めたから許せ、とは・・・。ここまで原告側関係者の感情を逆なでし続けてきては、許すという選択肢はありません。

日本語が通じない・・・

あまりにトンチンカンな内容に、呉弁護士「こちらからあれだけわかりやすく説明したのに・・・日本語が通じないですね」

S氏はまったく誠実に回答する気がない。Yahoo!ならこうだとか、今さらイラストは違うように見えるだとか、攪乱させるような言動ばかり。これに反論するにもまた前回と同じ内容になりそうです。それに対してさらにまた方向違いの反論をしてくるでしょう。トンチンカンの無限ループです。個人的にはもう裁判所が結論出すしかないかな、と思っています。

次回第4回口頭弁論は11月22日です。また書きます。低レベルな答弁・・・読むのもつっこむのも相当疲れました(*´Д`)ハァ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>