トータルデザイニング

クライアントの利益を上げるべし!井元があなたの会社の「社員」になります

昨年からスタートした、弊工房の新サービス、WEB・デザイン制作とコンサル的なアドバイスがセットになった「年間契約」。
おかげさまでさらに2社契約になりまして、日々携わっております。

感覚でいうと、従来の制作にちょっとしたコンサルティングがくっついた感じのサービスで、お客さんからはとっても好評。私自身もとても手応えも感じていて徐々に成果もあらわれてきました。

そこで、ここ1年やってみて井元のやっているコンサルティングってこんな感じかな、というのが私の中でまとまってきたので、ちょっと書いてみたいと思います。

今回はお仕事のかた~い内容なので、興味ない人はスルーで大丈夫ですww

コンサルはそのサイトへの投資

まずはWEBサイトを中心に据えていくことが多いのですが、コンサルティングはそのサイトへの投資だなぁと思ってきました。運営のノウハウ、WEB技術をそこに投資するイメージです。

すぐすぐ効果が出るわけではないけど、施術をし続けることによって利益につながっていきます。
このあたりが投資っぽいなと。

これが、単発請負だとできない。
契約的には納品した時点で完了なので、後追いできない。
年間契約することによって、その後も積極的に関わっていけるメリットがあります。

デザイン統一=ブランディング

先日も記事に書きましたが、近年はサイトだけあればOK的なことはなくて、トータルで考えないと結果が伴いません。

CMS、WEBデザイン、各端末対応といった「WEB」だけでなく、パンフレットなどグラフィックデザイン、加えてマンガ、似顔絵、イラストといた販促ツールです。

方向性を統一することはデザインではとても大切で、ブランディングに大きく影響します。

ここも年間契約することによって、井元からいいタイミングで提案できるし、積極的に関わっていける。
もし単発請負だと、普段関わっていないから、そのタイミングがちょっとわかりにくい。

そこの会社の利益を上げる社員になるべし

これけっこう大事だと思っています。

見かけ上では弊工房と契約するわけなんですけども、実際には私井元がクライアントの会社の「社員」にならなくちゃいけないと思っています。ほんとに出社して給料もらってというわけではなくて、立ち位置の話ね。

外から「こうしたらいいですよ」と言うだけじゃなくて、自分が社員なら社長にこう提案、実行して、結果をこう出す!というように、そこの会社の「利益を上げること」を目的としてコンサルティングするんです。

そこまでやろうと思うと、もちろんクライアントの商品・サービスも詳しくなっておかないといけないし、なんだったら社内事情も理解しておかないといけない。そしてその業界にも明るくないといけない。競合他社の情報はもちろん業界ニュースも把握は必須ですね。

もっと言えば

クライアントの商品・サービスを自分が営業マンとなって売ってこられるか

自分で売る自信がないんじゃあれこれ言えません。

自分が売ることを想定すると(あぁ、あれがあったら売りやすいな)とか(こうしたら引き合いが増えそうだな)とか出てくるわけですよ。それも第三者の目線から。「顧客視点」というやつです。

以上、ここ1年やってみて井元のやっているコンサルティングってこんな感じかな、というまとめでした。

やってるとね、けっこう大変ですww
でもそれ以上に成果が出るからおもしろい。
引き続きもっとサービスとして充実させて、顧客の確実な利益に貢献したいな。