Twitter台風19号長野県被害ハッシュタグ

災害救助用に「ハッシュタグ抽出システム」を構築したらどうでしょう?

先日の台風19号でこんなニュースがありました。

長野県 台風19号でツイッターの救助要請収集 約50件救助に(NHKニュース)

台風19号による豪雨で千曲川が氾濫した長野県。当時、県はツイッターに投稿された救助要請を独自に収集し、およそ50件の救助につなげていたことが分かりました。

救助された人たち、ほんとよかった・・・。長野県すごい。

県職員の人たちが人数かけてハッシュタグから収集したそうなんですけど、これって国が予算だしてハッシュタグで抽出するシステムを構築すればいいんじゃないですかね?システム自体そんなに難しくないでしょ(←このあたり素人なんでもし難しかったらすんません!)

普段から全国自治体で情報収集訓練をしておいて、いざ災害が起きたとき、その自治体がこの「ハッシュタグ抽出システム」を利用するんです。手作業ではなくて自動で収集されるから、職員もひとめでわかる。

国民にも、救助してほしいときはこういうハッシュタグ「#台風19号〇〇県」とか、あらかじめ決めたことを浸透させておいたら、いざというときパニックにならないかも。

この案どうでしょう??

届け!国土交通省の中の人!