初めてのインストール

初めてxoops(ズープス)をインストールした時の事は、結構今でもはっきりと記憶にあるもので、とにかく嬉しかったのを覚えています。

先回も書きましたが、何せ、サーバへアップするだけで半日使ってしまった上、そこからのインストール作業で次の日一日使ったんですから・・・。(10/13の記事を参照して下さい。僕のサーバへアップした時の失敗談が載ってます・・・)
インストール完了の喜びもひとしおでした!

インストールというと、経験の無い方は何の事やら分からないと思いますので、簡単にご説明しますと・・・
ここでは、サーバに上げたファイルをホームページとして閲覧出来る状態にするまでの作業の事を指します。
いくつかの画面(「アクセス権のチェック」「データベース・パス・URLの設定」等)が順に数ページ出てきて、どんどん画面を確認してクリアしていく感じなのです。
そこで、一つでも間違いがあると、また戻ってやり直さなくてはいけません。

xoopsの公式サイトでは、この作業が「5分でインストール」とうたっているのです。
それを僕は一日かけちゃったんですね。。。
でも、慣れるまではホントに5分じゃ無理です・・・。初心者であればなおさら。
何回も進んでは「データベースサーバに接続できません」とはじかれて戻っての繰り返し。
(難しかった〜…)

「インストール完了」の表示が出た時のとにかく嬉しかった僕の気持ち、皆さん察して下さると思います。。。
仕事でなかったら多分ほっぽり投げちゃっただろうな…。

xoopsインストール完了そんなホームページソフトxoopsですが、ここまでの大変な作業を乗り越えれば、いろんな素晴らしい機能が付加出来てとても楽しいソフトです。
(当社が製作する場合は、インストールはもちろんのこと、いわゆる”大変な作業”は当社が致しますのでどうぞご心配なく・・・)

その付加できる機能の事を「モジュール」というのですが、この素晴らしさについてもまたここでお話出来ればと思います。

情けない失敗!

初めてxoops(ズープス)をダウンロードして、サーバへアップした時の失敗談です・・・。

さくらインターネット xoopsインストールマニュアル使いやすいので、僕はいつも「さくらインターネット」というサーバ会社を利用します。
さくらインターネットは、サイト上でxoopsインストールマニュアルがあるので、便利なんですね。

早速手順に従って開始!

さくらのマニュアルを見ると、

「ダウンロードしたxoopsパッケージの中に”docs””extras””html”のファイルがありますので、htmlファイルをFFFTPでアップします。」

ふむふむ、なるほど、早速アップロード!

「アップロードが終わるまでしばらく時間がかかります。」

どんなコミュニティサイトを作ろうかと、もう待っている間わくわくです!

やっとアップロードが終わりました!早速自分のホームページアドレスへアクセス。
うまくいっていれば、インストール画面が出るはずなのですが・・・。

あれ!?出ない・・・。
おかしいな、ちゃんとアップロードはされたよな〜。
(確かめてもう一回チャレンジ)
やっぱり出ない・・・。え!?え!?
(焦りながら確認します)ブラウザの調子が悪いのかな?それともさくらのサーバがメンテナンス中!?
さんざん原因を探りまくりました。

そして、やっと原因が分かったのです(半日も悩んだ末・・・)。
とても初歩的なミスでした。。。

それは、本来は、”html”の「中身」のファイルをアップしなければいけないのを、”html”ごとアップロードしたのが、原因だったのです。
つまり、アドレスがhttp://cucan-*****.com/htmlとなっちゃうんですね。
いくらhttp://cucan-****.comとアクセスしても画面が出ないはずです。

xoopsの専門書にも、
「htmlフォルダ自体はアップロードする必要はありません。
ときどきhtmlフォルダごとアップロードしている方を見かけますが、そうすると、htmlがついたURLになって格好良くありません。」
って書いてあったのに。まさに僕の事・・・。
情けないですがホントの話です。

すったもんだのスタートでしたが、僕のxoopsへの挑戦(ちょっと大袈裟??)はこんな感じで始まりました。

xoopsって簡単??

空間商材のお作りするホームページは、xoops(ズープス)というホームページソフトを採用していると前にも書きました。
そのxoops cubeの公式サイトには、最初にこんな風に書いてあります。

「PHPおよびMySQLが利用可能なサーバであれば、約 5 分でインストールでき、直ちにユーザ登録型コミュニティサイトを立ち上げることが可能です」

初めてxoopsを知って、これを読んだ僕は、そんなに簡単なのかと、わくわくしながら早速立ち上げてみました。

最初の感想は

「難しい!!!!!」

もちろん、5分では出来ません。しかも、専門書を読みながらにもかかわらず・・・。

この文章からは、初めてホームページを作る初心者でも出来る!的な勢いですが、多大な時間を使いかなり苦労されると思います。
まあでも、今までのように、高度な技術を以ってこのような高機能なコミュニティサイトを立ち上げていた事と”比較すると”確かに簡単というのは否めませんが・・・。
数回インストールして慣れた人がやっと5分の壁を越えるのではないでしょうか。
(かくいう僕も、慣れたサーバでやって、やっぱり5分以上はいまだにかかってしまいます。。。ひとつひとつ間違いがないように確認しながらやりますから、ちょっと無理かも)

そんなxoopsですが、何ヶ月も触るうちに少しずつ操作出来るようになってきました。
そのうち「これはおもしろい!」そう思うようになりました。
何せいろんな機能をどんどん増やせるんですから。これってこんな風に使えるじゃん!そんな毎日でした。
これは、可能性が拡がるソフトだなと。

xoopsインストールしかし、それまでには数々の恥ずかしい失敗をしてきました。。。
また追々ここで書けたらと思います。

他人任せのホームページ

「うちの会社のホームページは、全てウェブ会社任せだ」という会社、多いと思います。
理由をお尋ねすると、「インターネットの事はよく分からないから」という答えをよく耳にします。

同じくらいよく聞くのが、「サイトを管理してくれている会社に、サイトの文面の変更依頼をお願いするんだが、すぐやってくれなかったり希望通りにならなかったり・・・」というお悩み。。。

ここで僕はいつも思ってしまいます。
どんな広告媒体よりも、リアルタイムに、好きなだけ情報発信出来るホームページを自由に活用できないなんて、ものすごくもったいない事では、と思ってしまうんです。

会社やお店の最新情報・宣伝・方向性・業績…etc
インターネットを使って、そういった情報はいちはやく顧客や一般のお客様にお知らせして、売上げにつなげたいものです。
もちろん、新聞広告や雑誌掲載などより、どこよりも早く豊富な情報量で。

しかし、自社のサイト管理を全て他社へ任せっきりでは、インターネットの活用効力は半減です。
会社やお店自体を他人任せには絶対しませんよね??
なのに、「お金のかからない最高の営業マン」と云われる自社のホームページは他人任せ、ていうのももったいないですよね…

xoops会社・お店の最新ニュースがあったら、その場でホームページへ掲載。
今や、インターネットが苦手な方でも簡単に扱えるxoopsがありますから!

パソコン作業と眼精疲労

パソコンが普及した現代、目を使う作業が増えているのではないでしょうか。
僕達スタッフも、仕事柄一日中パソコンの画面を見ています。

視力の悪い僕は、定期的に眼科に通うようにしているんですが、この間、眼精疲労についての冊子をもらいました。

目を使う作業を続けていて、普通の人では疲れない作業量なのに、目の疲れがひどく、休んでもなかなか回復しない症状を「眼精疲労」というそうです。
その冊子に、パソコン作業においての注意点なるページがあったので簡単にご紹介してみようと思います。

  • 大きくて高画質なモニタを使用する

モニタとはパソコンの画面の事ですね。これはかなり重要だそうです。
大きさに限界のあるノートパソコンより、出来るだけデスクトップで17インチ以上が良いとか…

  • 疲れる前の休憩

ポイントは「疲れる前」だそうです。
切れ目無くずっと視線が一定の作業なので、目の筋肉が思ったより疲労を感じているそうです。
僕もついつい休憩なしで続けて、急に疲れた!と思って休むのですが、それではちょっと遅いみたいですね。

  • 部屋の明るさ

パソコンの部屋は、明るければいいというものではないらしいです。
デスクに座ったみなさんの後ろに窓があったり、モニタ横に窓があったりすると、画面との明るさのコントラストで意外と見えにくく、目が疲れやすくなります。
画面の明るさと部屋の明るさの差をなくすのがいいそうです。

パソコンホームページ管理で日々パソコンに向かっていらっしゃる皆さんにおかれましても、ちょっと注意すれば、目に負担がかかるのを防げますよ。
上記のことを実践してみられてはいかがでしょうか。
目は大切に…

行った気になるホームページ

どこか旅行に出掛けようとした時、雑誌や旅行ブックを揃えなくても、インターネットで調べれば、気軽に行き先の観光名所を知り得る事が出来ますね。
ネット上にはそれこそたくさんのホームページが存在します。

例えば、”伊豆”と検索しただけで、観光情報から宿泊情報まで伊豆に関するホームページがこれでもかと出てきます。
その中からクリックしていろんなホームページを見ていきますと、何だか行った事もないのに、伊豆の事が詳しくなったりしませんか??
(なかなか時間が取れず旅行に行けない旅好きな僕は、これでよく行ったつもりになってます、悲しいですが・・・笑)

これを会社やお店のホームページに例えるとどうでしょう。
ホームページをご覧になって来られたお客様は、目的の会社・お店の、かなりの情報を得て来られていると思います。

「インターネットからのお客様は何だか成約率が高いような」
というオーナーさんのお話をよく聞きます。

これは、当たっていると僕は思います。
お客様の立場でいくと、何も知識もなく、初めて行くお店だとゼロからの接客を受けます。
会社なら、発注までいろいろと検討してから、となるでしょう。

しかし、インターネットでホームページをじっくり見てから来られたお客様はどうでしょう。
商品や価格などほとんどの情報を得た上での来訪ですから、良ければ買う・発注するというスタンスではないでしょうか。

そこにオーナーさんのブログなどあったらいいかもしれませんね。
こんな人柄のオーナーならお願いしてみようかな、と決め手になるかも。

伊豆の海に住む カナリーモレイこんな具合に、ホームページを通じて、貴社といろんな不特定多数の人達とが、知らないうちにつながっているのです。
ホームページを公開した後のSEO対策や管理運営・更新などは、後々触れていきたいと思いますが、自社のホームページを”公開する”。
これによって、広がるものがたくさんあると思います。

無料の広告媒体インターネット

今やインターネットは、非常に私達の生活に身近な存在になりました。
パソコンも一家に一台はあるのではないでしょうか。
ちなみに、僕の家族(父、母、弟、妹)では”一人一台”ですが。。。

先日、母と弟のパソコンが一度に壊れました。
母も弟も、仕事でメール、ネットは必需!!
すぐ新しいのを揃えたのですが、その間の2日間はそれはそれは不便な生活でした。
僕のが壊れたことを想像すると、仕事にならない!!考えただけで恐怖です・・・。

さて、そんなインターネットの世界ですが、みなさん、今何かちょっとした調べ物があると、必ずネットで検索して情報を得ることと思います。
かくいう僕も、お店などの営業時間から地図まで、全てインターネットで済んでしまいます。

僕はいつも思います。
自分の会社・お店を知ってもらえるこれ程の広告媒体はない!
何せ、インターネットにホームページを掲載する事自体は無料なのですから。。。

当たり前ですが、雑誌や新聞に広告を出せば、かなりの掲載料を支払うのに対して、インターネットの場合、ホームページの製作料・サーバー費以外は無料です。
しかも見た人はそこへ行った事もないのに、かなりの情報を詳しく得る事が出来ます。

Yahoo「自社のホームページを作る」
ホームページを作らないとなぁ、とお考えの方、作る事自体に僕は大きな意義があると思っています。

使いたい機能をチョイス!

当社の採用していますホームページシステムは「xoops(ズープス)」といいます。

僕はよく当社の製作するホームページを料理のバイキングに例えます。
バイキングは皆さんご存知の通り、レストランの真ん中の大きなテーブルにたくさんのいろんな料理が並べられ、自分の食べたい物を自由に好きなだけ取っていくスタイルの食事ですね。

当社のホームページは、このバイキングと同じように、必要な機能をチョイスして自分のホームページ(器)に付加していくこと(盛り付け)が可能なホームページです。
この盛り付ける機能を「モジュール」といいますが、

例えば、もしあなたが花屋のオーナーなら…

  • ブーケ等の写真を掲載できるモジュール
  • お花のレッスン案内のモジュール
  • レッスンスケジュールを書き込むモジュール

美容院のオーナーなら…

  • カットしたヘアスタイルの写真を掲載できるモジュール
  • お客様のご予約フォームモジュール
  • 常連さんとのコミュニケーション掲示板モジュール

この他にもいろんなモジュールがありますので、こんな具合に必要な機能だけを使う事ができ、そのほとんどが簡単な作業で更新が行えます。

もちろん、後々、ブログを設置したい!リンク集を!といった場合でも、モジュールのインストールだけで使えるようになります。
また、特定の会員様だけへの提供も可能で、会員様個人の情報も管理出来ますので、一般のお客様と差別化したい時などは便利ですね。

このように、バイキング形式のホームページ…
とても使い勝手が良く、サイト訪問者にも親切なホームページが出来上がると思います。